小羊学園とは
学園のあゆみ
施設紹介・事業内容
機関紙
作品紹介・販売
掲示板
関係リンク

■ご質問・お問合せ・ご意見

〒434−0041
静岡県浜松市浜北区平口5042

社会福祉法人 小羊学園
法人本部事務局

(支援センターわかぎ内)

TEL 053-584-3337
FAX 053-585-8488
h-kohituji@ai.tnc.ne.jp


施設紹介・事業案内
トップページ > 施設紹介・事業案内 > つばさ静岡
 
つばさ静岡
 
療養介護・障害児入所施設
 
生活介護わたぐも/児童発達支援・放課後等デイサービスたんぽぽ/相談支援アグネス静岡を併設
 
 
つばさ静岡

420-0805  
静岡県静岡市葵区城北117
TEL:054-249-2830
FAX:054-249-2831
E-mail:tubasa-szok@wind.tnc.ne.jp


概要

定員:

入所60名

建物:

敷地面積 9996.62u  建築面積 5169.75u  延床面積 6217.73u
 

施設の特徴
●施設の概要・歴史
1973年に開設した浜松市北区にある重症心身障害児施設「おおぞらの家」(現在、聖隷福祉事業団に運営移管された「聖隷おおぞら療育センター」での実績が評価され、「静岡県 重症心身障害児者を守る会」の熱心な要望を受け2005年に静岡市に開設しました。社会福祉法人 小羊学園」としては、浜松地区を離れて開設した初めての施設です。医療と介護を必要とする利用者の生活が心豊かになる様、医療・看護・介護・訓練・調理等の専門職が連携しトータルケアを行っています。また、地域に根差した施設を意識し在宅支援者の支援事業も提供しています。

●施設の目的

 

重症心身障害児施設は、重度の知的障害及び重度の肢体不自由が重複している児童を入所させて、これを保護するとともに、治療及び日常生活の指導をすることを目的とする施設とする。(児童福祉法第四十三条の四)

●私たちが目指すもの 2005.10.1
1: 私たちは重症心身障害児(者)といわれる人たちの生活を援助するために必要な知識や技術の向上に努めます。
2: 彼らが発するものに耳を傾け、彼らから学ぶ姿勢を大切にします。
3: 家族や友人など、彼らのことを大切にしている人たちと共に、より良い暮らしの実現を目指します。
私たちのこうした姿勢は、彼らの生活が実りあるものとなるように、そしてまた、援助をおこなう私たち自身にとっても、充実した時間であるようにとの願いによるものです。
施設を、障害をもつ人たちだけが利用する特別な場所ではなく、誰もが気軽に立ち寄れて、何かしら穏やかな気持ちになれる場所にしたいと思います。
(この文章に対するご意見・ご感想をお寄せください)

関連事業
短期入所:
宿泊を伴う一時入所事業(定員10名)
通   園:

「わたぐも」 生活介護(定員20名)

「たんぽぽ」児童発達支援事業 ・放課後等デイサービス (定員併せて5名)

相談支援:

「アグネス静岡」(静岡県障害児者療育等支援事業・静岡市相談事業所・小児慢性特定疾患委託事業


施設の様子
小羊学園 静岡地区のHPをご覧下さい。
   

一覧に戻る
  ページの先頭へ